管理人豪管理人豪

体の中で気になる部位といえばやはりお腹周りですよね!

自分が太っているのかどうかという指標はお腹まわりの脂肪の量で決めるという方は多くいることでしょう。

実際お腹が凹んでくれば自然と他の部位も痩せてくるので、まずはお腹を凹ませるダイエットをするというのは正しい判断です。

今回はそんなお腹を凹ませるためにダイエットをしたという方向けにお腹周りのみに焦点を当てたエクササイズをご紹介いたします。

お腹がポッコリとしてしまうのにはワケがある!

まず、お腹周りの脂肪には2つの種類があるということを知っていますか?

それは皮下脂肪と内臓脂肪なのですが、この二つにはそれぞれ特徴があります。

皮下脂肪は内臓の外側に付いている脂肪ですぐに手で掴める脂肪が皮下脂肪です。

この皮下脂肪は少しずつ蓄積されていく脂肪で女性がつきやすい脂肪とされています。
これはよく「定期預金」と同じと例えられることが多いです。

それに対し「普通預金」に例えられる内臓脂肪はつきやすく落ちやすいのが特徴の脂肪です。
これは一見すると分かりづらい脂肪です。

内臓の内側に付く脂肪ですので、隠れ肥満になっている場合が多いのが内臓脂肪です。

内臓脂肪がついてしまう原因の一つに生活習慣があるのですが、内臓脂肪というものは先ほども説明した通りつきやすく落ちやすい脂肪なので生活習慣を改善すればすぐに落とすことができます。

ではダイエット方法をご紹介する前にここでトレーニング以外の方法で内臓脂肪と皮下脂肪を落とす方法についてご紹介していこうと思います。

まず、食を変えることが最重要であり、最初の一歩です。
どんなに過酷なトレーニングをしてもそれを超えるカロリーを摂取してしまえばトレーニングの意味がありません。

そのために控えるべき食べ物としては揚げ物、デザートなどが挙げられます。

これらはハイカロリーであり少ない量でもトレーニングを水の泡にしてくれます。

そのためトレーニングの後のご褒美と言って食べれば最後、トレーニングをした時間がただの無駄な時間になってしまいます。

じゃあ、これら以外のものはたくさん食べていいのかというとそれも違い、一つ一つのカロリーが低い食べ物であっても大量に食べ暴飲暴食をしていては同じことになってしまいます。

また、特に夜などにアルコールなどを大量に摂取することも避けたほうがいいです。

このアルコールというのは食欲を増進させる効果がありますので、暴飲暴食につながります。

その結果太ってしまいます。これらの原因に該当するものがあった人はすぐに日々の食を見直してみてください。

そしてトレーニングの効果を早い段階で感じたいという方はサプリメントをオススメいたします。

サプリメントはアミノ酸のサプリメントがオススメです。アミノ酸は成長ホルモンの働きを促進いたしますので筋肉を増加させ、その燃焼効果によってダイエットのペースを上げてくれます!

もちろん粉のプロテインなどを水や牛乳に溶かして飲んでもいいのですが、プロテインは飲み慣れるまでに少し時間がかかります。

それは正直言って不味いからです。あまりこういうことは言わないほうがいいのかもしれませんが、プロテインはほとんどのものが不味いです。
多くの味がありますが、どれも多くの人に好まれる味ではありません。

そのためサプリメントをオススメいたします。

即効性のあるお腹周りダイエット方法

まずはダイエット効果を最大化するために腰回りにマッサージを施しましょう。

これは血流を良くし、トレーニングをするときに筋肉に最高のパフォーマンスを発揮してもらうために行います。

ではマッサージ法をご紹介いたします。
方法は非常に簡単です。左右の腰回りのお肉をつまんで両手の手全体でで波を打つように揉みこんでいきます。

それを10箇所程度行い、腰全体が柔らかくなってきて少し暖かくなってきたと感じたら次は腰の脂肪を下方向に流す動きをします。これも両手のて全体を使って行います。

この時は揉み込むのではなく、「さする」という感じで行います。

これでマッサージ完了です。すごく簡単だと思ったのではないでしょうか。シンプルでないと継続して行うことができないためシンプルであることがマッサージでは重要になってくるのです。

このマッサージを行う前に入浴をしておくとより効果が実感できますので、タイミングにも気をつけてみてください。

では、マッサージの後に行うと効果的なお腹周りを簡単にくびれさせるエクササイズを紹介していこうと思います。

まず、マットなどの上に座ります。そして両手を広げ、左右に10回ずつ腰をひねる運動を行います。

この時先ほどのマッサージの効果が出ていれば、思っているよりも多く捻れていると感じると思います。

この時、体の中心を意識して行うと上手く「捻り」をすることができます。

そして次は膝立ちになり、左右の斜め上の方向に伸びるように捻りを加えていきます。
この時腰の左右の下部分が伸びる感覚が味わえると思うのですが、この感覚こそが非常に重要になってきます。

ここは伸ばすだけで大きな効果を得られる部分ですので、しっかりと伸ばしましょう。

伸ばす際には息を吐き戻す時に息を吸うということを心がけると効果を高めることができます。

また、捻った状態でキープする時間としては初めは5秒くらいからスタートし徐々に時間を延ばしていくことで腰がこの動きに慣れてくるため楽に行うことができるようになります。

段階を踏んでしっかりと行うことが重要になってきます。

この時に伸ばされている筋肉は腹斜筋の中でも下部に位置する部位です。くびれを作るにはこの部分がキーマンとなってきます。

お腹ダイエット。お腹周りに焦点を絞ったエクササイズを厳選チョイス。まとめ

お腹周りの脂肪の原因は多くあります。先ほどご紹介した食という原因以外にもストレスからくるものもあります。

ストレスというのは非常に厄介で、肌トラブルの原因にもなったりもします。

ですが、適度なストレスというのはむしろ健康に一役買ってくれたりもします。
しかしほとんどの現代人はストレスを溜め込み過ぎています。
それは「ストレス社会」という言葉にも表れていますが、ストレスが避けられないものであり、且つ大きいという特徴を持っているからです。

そのため建設的な方法としてはストレスを避ける方法を考えるのではなく、ストレスを日々解消する方法を探す、または覚えるということが必要になってきます。

このストレスを解消するという方法には入浴や睡眠が代表的なものとして挙げられており、これはエクササイズの効果を高めるものとしても有効とされています。

また、運動もストレスを解消するには効果的であるため、これらの要素をしっかりと意識して生活をすれば幸福感が高まるということになります。

まとめると食事、睡眠、運動、入浴をしっかりとしたリズムで正しく行うことが結果として多くの副産物をもたらしてくれるということです。
エクササイズをするなら、ついでに多くの要素を見直し極めてしまいましょう!

着けてるだけで痩せるってホント?お勧めコンテンツ