管理人豪管理人豪

ドローイングダイエットって知っていますか?ほとんどの人は知りませんよね。

ですが、このドローイングダイエットが非常に効果が出やすいダイエットとして近年大きな注目を浴びているんです。
今回はそんなドローイングダイエットについてわかりやすく解説していこうと思います。

そもそもドローイングダイエットとは

このダイエットは簡単に言うとお腹にスリムな状態を形状記憶させるダイエットです。小学生などの頃に好きな人の前に立つ時に自然とお腹を凹ませていましたよね。あれとほぼ同じです。

このトレーニングの特徴をここからいくつか紹介していこうと思います。まずは主婦に嬉しいお金がかからないという特徴です。このダイエットは器具などを一切使いませんので、お金がかかりません。

これはこれからダイエットを始める人にはかなり嬉しいことですよね。また他にはこのトレーニングをすることで体の基礎代謝が上がり、痩せやすい体になるということが挙げられます。
基礎代謝が上がるということは単純に言えば汗をかきやすくなるということです。これは脂肪が燃焼されている証拠ですので、基礎代謝が上がるということは日常的に痩せやすい体に近づいていくことができるということを指しています。
また、このドローイングダイエットは筋肉を鍛えることができます。

意外かもしれませんがウェイトトレーニングをせずとも体の筋肉量を増やすことは可能です。
鍛えられる主な筋肉は腹斜筋、腹横筋、腹直筋、などです。これら以外にも多くの細かな鍛えづらい筋肉などが鍛えられますので、バランスよく体を絞ることができるようになります。

また、通常のトレーニングではなかなか鍛えることのできない筋肉をこのドローイングダイエットでは簡単に鍛えることができます。
これは、今までトレーニングをほとんどしてこなかった人がトレーニングをする際の大きな助けになります。
トレーニングというのは意外と鍛えたい部分が鍛えられなかったり鍛えているのに筋肉が大きくならないなどのことがよく起こります。

このドローイングダイエットならそんなことは起こりません。
鍛えたい部分を鍛えたいときに鍛えられるのが、このドローイングダイエットのすごいところです。

ドローイングダイエットのやり方

では、ここからはそのドローイングダイエットの方法を詳しく説明していこうと思います。

方法は、まず腹式呼吸をします。この腹式呼吸について解説するとお腹を膨らませながら息を体の中に取り込むイメージで限界まで空気を体の中に取り込み、お尻を引き締め息を全て吐きます。この時お腹をゆっくりと凹ませるイメージを持つとかなりやりやすくなります。

そしてお腹を限界まで凹ませた状態で30秒キープします。
この時は姿勢が前傾姿勢になりがちですので、姿勢をしっかりと正すために背筋をピンと伸ばすイメージを持ってください。

このキープする時には息をしても大丈夫です。
これでドローイングダイエットの手順は完了です。意外と簡単ですよね。

名前が少し長いので難しいのかな?と感じている人も多かったかもしれませんが、ドローイングダイエットとは簡単に言ってしまえば、ただ腹式呼吸をするだけなんです。

ですが、呼吸というのはトレーニングに非常に効果があります。人間は生まれた時から自然と呼吸を始めます。
話すこともできない頃から呼吸だけはできるのです。

このように人間の体と呼吸というのは非常に深いつながりがあります。
そのため呼吸を見直すことで今までのトレーニングでは鍛えられなった部分を鍛えることができたり、健康的な体になることができるのです。

ドローイングダイエットには多くの効果があると先ほど説明しましたが、相乗効果として姿勢が良くなったり腰痛予防、腰痛解消などの効果が期待できます。

では、このドローイングダイエットの効果をさらに高めたいという方のためにドローイングダイエットの効果を高める方法について紹介していこうと思います。

まず、効果を高めるために第一に行うべきことはドローイングダイエットをする回数を増やすということです。

単純なことですが、実践する回数を増やせば自然と効果は高まってきます。当たり前のことですが、意外と多くの人は回数を増やすことよりもより効率的に行う方法や他のものとの組み合わせでの相乗効果を狙います。

しかし実際、効果を高めるための最も効果的な方法は単純に回数を増やせばいいのです。
多くの物事は極めると基本に戻るといいますが、まさにそれ!です。

基本的なことが意外と核心だったりします。
そのため効果を伸ばしたい方は回数を増やすという方法をまずは実践してみてください。

まとめ

今回は、ほとんどの人が初めて聞いたであろうドローイングダイエットを紹介してみました。

いかがでしたか?呼吸という日々、当たり前に行っていることにダイエットの答えがあったということが意外だったという方は多いのではないでしょうか?

当たり前のことを当たり前に行うというのは案外大変な努力を要するものです。呼吸にもそれが当てはまり、当たり前にできるはずの腹式呼吸が意外とできないものです。

このドローイングダイエットを始める際も初めは腹式呼吸にかなり苦戦すると思います。

歌唱関係のトレーニングをやったことがある人は腹式呼吸に慣れているかもしれませんが、多くの人は日常で腹式呼吸をすることなどほとんどないはずですよね。

そのためまずは、慎重に正確に腹式呼吸をマスターすることから始めてみるのも効果的な方法だと思います。

座った状態や立った状態でもイメージがつかみにくいという方は寝転んだ仰向けの状態で腹式呼吸の訓練をしてみてはいかがでしょう。

体が自然とリラックスしますので、体全体を空気が循環するイメージを掴みやすいかもしれません。
そして腹式呼吸をマスターしたら立った状態でドローイングダイエットしてみてはいかがでしょう。

腹式呼吸とドローイングダイエットの違いはキープの時間があるかないかだけですが、この違いが大きな違いであることを実践してみればよく分かると思います!

<お勧め記事>emsベルトの効果は?着けてるだけで痩せるのは本当?