管理人豪管理人豪

ダイエットをされている方は自分の体脂肪率って測ったことありますか?それってすごく気になりますよね。

でも、計算方法を知らないという方が大半だと思います。そこで今回は自分の体脂肪率を図る方法とついでに体脂肪率を落とすための方法をご紹介しようと思います。

ダイエットをするなら効果を実感したいものですよね。その一つの指標として体脂肪率を取り入れてみてはいかがでしょうか。

体脂肪の計算方法

そもそも体脂肪率というのは体重に占める脂肪の割合のことです。体脂肪には内臓脂肪と皮下脂肪があります。その体脂肪率の計算方法は体脂肪率=体脂肪の重さ➗体重✖️100という式で求めることができます。

ですが、この式では体脂肪の重さを書かなければなりません。体の中の体脂肪の重さがわかっている人は少ないと思うので、この式は実際にはあまり意味がない計算式ですね。

ですが、安心してください。他にも計算方法はあるんです!それはBMIという数値を求める方法です。

BMIという言葉は最近メジャーになってきたので多くの人が知っていると思うのですが、これはボディマス数値と呼ばれるもので身長と体重からその人の肥満度を数値で表すことができる指標です。

計算式はBMI指数=体重➗身長➗身長です。
この計算式に自分の情報を当てはめるだけですぐにBMIを求めることができます。

この時身長はメートルに換算して計算してください。例えば身長が171センチの人ならば1.71センチという数字に置き換えて計算してください。
自分のBMIが出たでしょうか。
では、ここからはその数値がどんな意味を持つのかを説明していこうと思います。

まず、BMI18.5未満の方は状態として低体重(瘦せ型)という分類になります。そして18.5〜25未満の方は普通と分類されます。これは言葉通りの意味です。

あなたの体型は普通です。そして25〜30未満の人は肥満(1度)です。肥満の中では最も健康的な体型です。次に30〜35の人は肥満(2度)です。35〜40の人は肥満(3度)で40以上の数値の人は肥満(4度)です。いかがだったでしょうか?

自分はどこに分類されていましたか?基本的に標準のBMIは22とされており、BMI25以上は肥満で、生活習慣病にかかりやすいと言われています。

ちなみに美容指数と呼ばれているものは20で、モデル指数は19と言われています。ですが、19というのはかなりの瘦せ型で分類では低体重に入るため決して健康的な体とは言えません。

健康的な美しさが保てる美容指数の20という数値くらいが最も女性ではベストだと言われています。

それよりも低くなるとお肌などのハリやツヤに影響が出るほか健康への悪影響や肌トラブルの原因などを誘発する恐れがあり、本来の目的である美しくなるということから遠ざかってしまいます。

体脂肪率を低下させる二は?

体脂肪が落ちるということは単純に体の中の脂肪の割合を低下させるということなので運動をすればいいということになります。その運動の際には有酸素運動と無酸素運動を組み合わせることが重要になってきます。

有酸素運動というのはジョギングなどです。そして無酸素運動というのはウェイトトレーニングなどのことです。

無酸素運動と言ってもトレーニング中にずっと呼吸を我慢しているのではなく、力を入れる際、つまり筋肉が収縮する際に無酸素で行うトレーニングという意味です。

有酸素運動に関しては基本的にはジョギングがベストなのですが、スロージョギングというあえてゆっくり進むジョギングもオススメです。

無酸素運動については自分に合った適度なエクササイズがオススメです。特に効果が出やすい部位としてはやはりお腹周りが脂肪を減らすにはオススメです。この部分は単純に楽です。

他の部分を鍛えようとしてもなかなか脂肪は落ちません。逆に体重が増えてしまう可能性が大きいです。脂肪よりも筋肉のほうが重量は重いので、腕などは鍛えても筋肉が多く付き、脂肪の燃焼よりも筋肉による体重増加のほうが早くなり、トレーニングを始めたのに体重が増えていくということになりやすいです。

ですが、お腹周りなら多くの人が脂肪を溜め込んでいるため筋肉量を増やすことにより脂肪の燃焼を図れます。
これはお腹の脂肪には内臓脂肪が多く存在し、その内臓脂肪には付きやすく落ちやすいという特徴があるためダイエット効果を得るならば内臓脂肪から削っていった方が効率的ということです。

これからダイエットをするという方は内臓脂肪にも効くトレーニングをお勧めします!

まとめ

体脂肪というのは体の中の脂肪の割合ということがお分かりいただけたでしょうか?
自分の体脂肪率がわかるとダイエットへの意気込みも変わってきますよね。

体脂肪を落とすためには基本的には運動をすればいいのですが、食事から体脂肪率をコントロールすることができます。日々の食事をしっかりと計算して摂り、そして体を絞るための適度な運動の二つを上手く組み合わせることでダイエットの効果というのは意外と早く得ることができます。

当たり前のことだと思うかもしれませんが、その当たり前のことを行えば効果を得られるのですから今日から始めるべきです。
しかし食事と運動に配慮しての生活は意外と今まで生活習慣が乱れていた人にとっては大変なことです。

特に運動の方はリタイヤする人が多いです。ダイエットを断念する人のほとんどは食事を計算して食べることよりもトレーニングの方が辛くて。という方がほとんどです。

なので、まずは目標を立てることが必要です。例えば体脂肪率何パーセント以下になるまではダイエットをやめない!という目標や7月までには体脂肪率を何パーセント以下にする!という期間を設定する目標など自分なりに自分が相当頑張れば達成できる目標を立てることがダイエットの最初の第一歩です。

少し困難な目標がその人にとって適度な目標です。それは達成した時に大きな成長と達成感を得るためには少し困難な目標を立てた方が効果的だからです。
頑張ってください!

着けてるだけで痩せるってホント?お勧めコンテンツ