管理人豪管理人豪

ダイエットを志しネットなどでダイエット方法を調べていくと必ずと言っていいいほど出てくるのが、内臓脂肪というワード。
ですが、内臓脂肪という言葉は聞いたことがあるけど実際にどんな脂肪のことを言っていてそれがどんな性質を持っているのかは知りませんよね。

今回はそんな内臓脂肪の落とし方について紹介していこうと思います。

まずは敵を知ることから!内臓脂肪とは!

ダイエットを始める方にとって敵となるものは、間違いなく脂肪ですよね。それは誰しもわかっていると思うのですが、その脂肪にも内臓脂肪と皮下脂肪という2種類の脂肪があることは知っていましたか?

これは特にお腹周りにある脂肪なのですが、ダイエットをこれから始める方はまず内臓脂肪に着目するべきです。

それは内臓脂肪の性質に関係があります。内臓脂肪というのは非常に付きやすく落としやすいという性質を持っています。
これは現在、お腹周りが気になる方たちがダイエットをする際にも落ちやすい脂肪ということです。

そのためダイエットではまず、この内臓脂肪を落とすことを第一目標として多くの種類のトレーニングを行っていく必要があります。

また、肥満という言葉を聞いたことがあると思いますが、内臓脂肪が多く溜まっているお腹の肥満のことを「リンゴ型肥満」と言ったりします。

内臓脂肪がつく原因とされているのは油物やアルコールの取りすぎです。飲み会などが重なった時などは要注意です。
特に焼肉が連続である際などは内臓脂肪が多く体につくことは避けられません。

内臓脂肪はよく、内臓全てに対して付く脂肪と思われがちですが、実際は決まった部分にしか付きません。
それは肝臓などであったり、その膜などです。

内臓脂肪というのは脂肪を貯蓄しているというイメージを持つとわかりやすいかと思います。

それは人間が活動する上で内臓脂肪というのはそのエネルギーとして消化されます。そのため一定量の貯蓄は必要なのですが、それが多すぎるとお腹がポッコリとしてしまうというわけです。

うまく内臓脂肪の量をコントロールすることでダイエットにスピード感をつけることができます。

内臓脂肪を効率良く落とす方法

では、ここからは内臓脂肪の落とし方について詳しく解説していこうと思います。

内臓脂肪を減らすには大きく分けて二つの方法があります。それは毎日の食生活を改善する方法とついてしまった内臓脂肪をトレーニングによって減らす方法です。

まず、前者から説明しますと、内臓脂肪が付く原因というのは、先ほども説明したように油物の取りすぎであったりお酒の飲み過ぎです。そのため控えられるのなら、それらを控えれば、自然と内臓脂肪は減って行きます。

そして後者の内臓脂肪を減らすトレーニングを行うという方法は会社などの付き合いで仕方なくついてしまった内臓脂肪を取りたいという方には、この後者の方がより適切な落とし方かと思います。

そのトレーニングとは有酸素トレーニングを日々欠かさず行うという方法です。

有酸素運動に代表されるものはウォーキングです。もちろんランニングでもいいのですが、ランニングというのはほとんどの人が続きません。

初めは意識が高い位置にあるので、多少キツくても耐えることができるのですが、意識が下がってくる時期になるとランニングをしている意味を走りながら自分に問いかけるようになります。

そして最終的にはランニング自体に意味はないと自分で決めつけランニングを止めてしまうということになります。これは鉄板のコースです。

ダイエット失敗者はほとんどがこのコースを辿ります。
ダイエットというのは負荷以上に継続が重要ですので、初めは軽い負荷のものにした方がいいです。

わかりやすく言い換えると、皆さんバイキングには行ったことがあると思いますが、その時に初めに多く皿に盛りすぎて結局残してしまうというのと同じです。

本来は少しずつ何回も往復しながら少しづつ食べ物を皿に取って行った方が結局は満足できるのですが、元を取ろうと必死の人は最初に一つの皿に似たような料理をてんこ盛りにして残しますよね。

あれとダイエットは似ています。初めこそ意識が高いですが、それを継続するということは非常に難しいのです。

「言うは易し行うは難し」という言葉にもありますが、実際に行うというのは初めに想像している以上に大変なことなんです。

なので、あえて無理はせずにハードなランニングではなく、楽なウォーキングをするに限るのです!
それに本気でやればウォーキングも意外と達成感は得られるものです。

まとめ

内臓脂肪についてかなり詳しく説明しましたがいかがでしたか?

戦いに勝ちたければまずは敵を知れ!という言葉を昔の偉い人が言っていたような気がしますが、ダイエットも一つの戦ですので、まずは敵となる脂肪について学ぶことはダイエットが成功するために絶対に必要なことです。

この記事を最後まで読んでいるあなたはダイエットが半分成功したも同然です。

何事も準備が大切です。すぐに感覚で行うのではなく、しっかりとした知識の上に努力を積み重ねる。これは無駄な努力を省き、効率的に効果を出すために必要な原理・原則です。

俳優の鈴木亮平さんは体重を作品によってかなり変化させ容姿も別人のようになることができるという素晴らしい俳優さんですが、彼が最も大事にしていることは準備だそうです。

準備をどれだけしっかりと行ったかで出来が決まるということもおっしゃられており、かなりストイックに準備をされて作品に望まれているということがわかります。

メジャーリーガーのダルビッシュ有さんも同じことを言っており、「努力は平気で人を裏切る。でも正しい方向で正しい量の努力は報われる」という素晴らしい言葉を残しています。

これから内臓脂肪をなくすためにウォーキングされる方もウォーキングについての正しい知識を持ち、
それを実践しながら自分なりに工夫していくと思っていたよりもウォーキングが楽しいと思うことができ、長く続けていくことができると思います。

なので、まずは多くの知識を身につけてください!

着けてるだけで痩せるってホント?お勧めコンテンツ