管理人豪管理人豪

皆さんは有酸素運動って聞いた事ありますか?

有酸素運動というのは積極的に酸素を体内に取り込んで行うトレーニングなのですが、今回はそんな有酸素運動の適切なやり方について紹介していこうと思います。

これまであまり意識してこなかった人も言葉だけは知っているという人も是非、ここで覚えていってください。

有酸素運動とは?その代表例

有酸素運動と聞くと言葉の意味はわかるけれど実際にどのトレーニングが有酸素運動になっているのかがわからないという方は数多くいると思います。そこでここでは、どのトレーニングが有酸素運動になるのかを紹介していこうと思います。
その代表例としてはまず、ジョギングです。ジョギングは分かりやすい例ですね。それは動作がゆっくりとしていますので、酸素を多く体内に取り込みやすいということが挙げられます。

酸素を多く体の中に取り込んでトレーニングを行なっているということは、そのトレーニングは有酸素運動になっているということですね。
そして有酸素運動というのは20分以上しなければ効果が出てくれません。
20分以上継続して有酸素運動を行うことでダイエット効果が出ると共に太らない体に変化させることができます。
他に有酸素運動になっている運動は水泳やエアロビ、エアロバイクなどがあります。

有酸素運動というのは無酸素運動に比べ多くのエネルギーを必要とします。
有酸素運動というのは体の中に溜め込んでいるエネルギーを消費しながら行う運動なんです。
このエネルギーというのは体の中の血液中に存在しています。

そして使用されているエネルギーには血液中に存在するものもありますが、もう一つ脂肪もエネルギーとして消化されます。
この脂肪が消化されるということが脂肪が燃焼されるということなのです。
有酸素運動はダイエットのみでなく、健康面にもかなりの効果が期待できます。

それは有酸素運動をすることにより血管が太くなるため血管が詰まることがなくなります。そのため血管が詰まることが原因の病気を予防することができます。

効果的に有酸素運動をするには?

では、ここからは効果的に有酸素運動をするやり方を紹介していこと思います。
まず、有酸素運動はやる時間によって効果が変わってきます。

先ほど20分以上しなければダイエット効果は出ないと言いました20分以内の場合には健康維持の効果は期待きます。そのため健康維持のために運動などをされる高齢者の方々などはあまり無理をしすぎずに20分以内の運動をすればいいと思います。

その時の運動はもちろん水泳でもいいですが、水泳を始めると20分で終わるというのはかなり時間的にもったいないので20分以内の有酸素運動をする場合にはウォーキングかジョギングが最も適していると思います。
ジョギングなどならすぐに始めてすぐに終わることができますので、お手軽にはじめることができますし、無理に体に負担がかかることもないのでオススメです。
しかし、多くの人はダイエットを目的として有酸素運動を始めようとしていると思います。

そんな方は必ず20分以上の有酸素運動をしてください。
この時、ランニングでもいいですが、運動に自信がないという方は水泳から始められるのをオススメいたします。
水泳は比較的楽に20分運動することができます。それは水の浮力により体への負荷が減っているからです。

また、急に運動を始めると体に異常が現れたりしますが、水泳なら監視員の人が見ていますので、何か起こった場合の対処が迅速に行えるようになります。
そして自宅で有酸素運動をしたいという方にオススメなのは先ほども少し話しましたが、エアロビクスとエアロバイクです。
特にエアロバイクは何かをしながらできるので同時に二つのことをするという脳の体操にもなります。
そのため自宅で脳を鍛えながら体も鍛えたいという方にはエアロバイクがオススメです。

エアロビクスについてはしっかりと情報を集めてから正しく行うようんしてくださいね。
では、室内で有酸素運動を行いたいけどエアロバイクを置く場所も本格的にエアロビをする時間もないという方はどうすればいいかというと、そんな方にはスクワットという運動がオススメです。
スクワットは誰しもやり方を知っているかなりメジャーなトレーニング法ですね。

このスクワットを学生時代などに積極的にやっていたという方も多いと思いますが、実はこのスクワットはかなり健康維持やダイエットに効果的なんです。
学生時代にスクワットなどをやっていた人はその当時は太っていなかったのではないでしょうか?

それは年齢もあると思いますが、スクワットをやっていたということもかなり関係しています。
スクワットのやり方には人それぞれ多くの方法がありますが、有酸素運動としての効果を高めるためには腕をまっすぐ前に伸ばした姿勢でのスクワットが最も効果的です。

まとめ

今回は有酸素運動について詳しく解説してみました。トレーニングというのは全て有酸素運動と無酸素運動に分けられるので、まずは有酸素運動と無酸素運動にはどのようなものがあるのかを知ることがとても大事になってきます。

また、ウェイトトレーニングなどは筋肉を大きくするためのトレーニングなのですが、これは完全に無酸素運動です。
それは筋トレというのは筋肉に対して負荷をかけることで繊維を傷つける必要があります。

その傷ついた繊維が修復する過程で以前よりも大きくなるというメカニズムですので、無酸素運動でなければ、筋肉に必要な負荷をかけることができません。
そのため筋肉を大きくしたいという方は積極的に無酸素運動を行うべきです。逆に有酸素運動を積極的に行うべき人はダイエットが目的の人や健康維持や健康増進が目的の人です。

自分の目的に応じて無酸素運動をすべきか有酸素運動をすべきかをしっかりと考えて戦略的に頑張ってみてください。
どちらをするにしても一つ気をつけなければならないことは無理をしすぎないということです。
いつも運動をしていない人が急に無理をすると怪我をしますので、自分のペースで頑張ってください。

【こちらもチェック!】ems腹筋マシン、その効果と種類について