管理人豪管理人豪

ダイエットの中でも特に効果的な方法として水泳があるということを知っていましたか?

水泳は夏にしかやらないという方も多いと思いますが、水泳は一年中やるべき素晴らしいスポーツなんです。
しかも消費カロリーも大きいためダイエットには最適なスポーツです。

今回はそんな水泳のダイエット効果について紹介していこうと思います。

水泳にはどんなダイエット効果があるの?

水泳ダイエットは全身をバランスよく鍛えることができるところができます。水泳ダイエットといってもただ泳ぐだけではなく、泳ぐ以外の方法で行う方法もあります。

例えば水の中を歩くという方法があります。水泳ダイエットは水の抵抗をうまく利用して行うダイエットで水の中を歩くことで全身の筋肉を使うことができます。
歩くという動作は足の筋肉だけでなく、全身の筋肉を使っています。
でも、水泳ダイエットをするなら泳ぎたいですよね。

そこでここからはどの泳ぎがどのくらいの効果を持っているのかを説明していこうと思います。
水泳には数多くの泳ぎ方がありますが、泳ぎ方によって効果も大きく変化してきます。
なので、泳ぎ方によるダイエット効果を知ってから泳いだ方が効率的です。

中でも最もダイエットにお勧めな泳ぎ方は平泳ぎです。平泳ぎの泳ぎ方を覚えているでしょうか?
一言で言えば買えるの泳ぎ方なのですが、この泳ぎ方が最もダイエットには効果がある泳ぎ方なんです。
なぜ、平泳ぎが最もダイエットに適しているのかというと平泳ぎとは水泳の泳ぎ方の中でも最も楽な泳ぎ方と言われています。
そのため長く泳ぎ続けることができます。
ということはその分ダイエット効果も高まるということです。ちなみに水泳は有酸素運動なのですが、有酸素運動のダイエット効果を得るためには20分以上泳ぎ続けなければなりません。

なので、最も楽に長く泳ぎ続けることができる平泳ぎが最も効果的なんです。
もちろん1時間泳げる人は泳いでも大丈夫です。ただ20分という時間をしっかりと泳ぎきることを意識してください。

この時に泳ぎスピードなどは関係ありません。スピードを求めすぎて泳ぐ時間が20分を切ってしまうようなことがないようにしてください。

よくクロールが最もダイエットに効果的なのではないかという人もいますが、クロールはスピードが出る分消費カロリーが大きいのでうまく有酸素運動をすることができません。
そのためダイエットを目的として行うならば楽に泳ぐことのできる平泳ぎが最も適しているのです。

水泳でのダエット効果を高めるには?

ここからは水泳でのダイエット効果を高めるにはどうすればいいかを紹介していこうと思います。

どうせダイエットをするならダイエット効果を最大にして行いたいですよね。
その方法とはしっかりとメニューを組むことです。

メニューを組むとは具体的にどういうことかというとずっと同じ泳ぎや動作を行うのではなく、いくつかの泳ぎ方を組み合わせたり泳ぐ前にプールの中を歩くというアップにもなる動きを取り入れたりすることを言います。

プールの中を歩いってアップを行う際にはできるだけ大股で歩くようにしてください。
大股で歩くことで通常よりも大きなカロリー消費を期待することができ、効果的なダイエットとなりますしその後の泳ぐ際にも体が動きやすくなり、さらに楽に泳ぐことができるようになります。

そしていくつかの泳ぎを組み合わせる理由は一つの泳ぎばかりしていると体の使われる筋肉が偏ってしまう場合があるからです。
完璧に正しい泳ぎができていれば、そのようなことはないのですが、素人の方などの泳ぎはフォームが崩れていることが多いです。
そのため一部の筋肉に大きな負担がかかっていることが多いのです。

なので、いくつかの泳ぎ方を組み合わせることで少しでも多くの筋肉をバランス良く使い効率的に脂肪を燃焼させた方がいいのです。
先ほどクロールは消費カロリーが多いので長い距離を泳ぐのには向かないという紹介をしましたが、そんなクロールも是非、組み込んで欲しい泳ぎ方の一つです。
クロールは消費カロリーが大きく長距離を泳ぐのには適しませんが、有酸素運動は20分以下の運動の際にも効果を見せます。それはダイエット効果ではなく体の健康促進効果です。
20分以内という短時間にしっかりと大きなカロリーを消費した時には有酸素運動の効果により体がより健康に近づく作用を得ることができます。

これは体の中の血管が太くなるためなのですが、この要素もしっかりとダイエットにつながる働きを見せますので、短距離を泳いだ後などに休憩を挟んで長距離を泳ぐという方法もいいですし、短距離を泳いだ後にプールの中を大股で歩き休憩を入れずに長距離を泳ぐというメニューもオススメです。

休憩の取り方については自分の体の状態を見てから判断すればいいと思います。

この時に大事なことは体の体調によってメニューを少し変化させるということです。
体の体調は日々変化します。疲れやすい日もあれば、全く疲れない日もあります。疲れやすい時にいつも通り負荷の大きなメニューをこなすと余計に疲れ、トレーニングの効果が下がりますので、体の調子に合わせてメニューを変えてみてください!

まとめ

今回は水泳によるダイエットを紹介しましたがいかがでしたか?
水泳を最近やっていないという方は今こそ水泳をすべき時なのではないでしょうか?
多くのスポーツにはプロ選手の中に大抵太っている選手がいますよね。
特に野球など、ですが、唯一太っているプロ選手がいないのは水泳です。

水泳はアマチュアですら太っている選手が全く見当たりません。これは水泳にダイエット効果が確実にあることの証明ですよね。
プロほどハードに泳ぐ必要はありませんが、たまには自分の限界に挑戦して自分を試してみてはいかがでしょうか?
自分の限界を決めるのは自分ですが、その限界を突破するのもまた自分です。
自分に最大限の期待をして水泳ダイエットをしてみてください!

着けてるだけで痩せるってホント?お勧めコンテンツ