管理人豪管理人豪

産後太りに悩まれている女性の方は多いですよね。元気な赤ちゃんを産むため、仕方がないことだったとはいえ、産後太りは中々、辛いものですね。
今回はそんな産後太りに悩まれている方のために産後太りを解消する方法をお伝えしていこうと思います。

産後太りを解消するには適切な方法が確かに存在します!今回はそれをわかりやすく解説していこうと思います!

産後太りの原因

産後太りに悩んでいる方は多いことかと思いますが、その原因を考えたことがありますか?誰でも産後は太りやすいということを事前に知っていたことで原因については深く考えたことがない人がほとんどなのではないでしょうか?

そこでまずは産後太りの原因から紹介していこうと思います。原因を知れば対応策が頭に入りやすくなりますので、ぜひ原因をしっかり理解してから解決法を読んでみてください。

では、原因を紹介していこうと思います。産後太りの原因は赤ちゃんを守るためにお腹の壁が脂肪により厚くなることが直接的な原因です。そして産後太りの時のお腹のたるみは赤ちゃんを守るために作った脂肪の壁がお腹の中の赤ちゃんの成長に伴い大きく伸ばされていくことが原因です。

これが産後太りのたるみの原因です。

そして産後太りには骨盤も大きく影響してきます。
それは出産に伴い骨盤が広げられたのち元の逆三角形の形の骨盤に自然と戻ることを体の歪みなどが邪魔してしまい骨盤が広がった状態のままになり、内臓が全体的に下に落ちてきてしまうことで体のラインが出産前と大きく変わってきてしまうのです。

このことで変化するのは内臓の位置が下に落ちてしまったことによる内臓機能の低下、肩こり、腰痛、体質の変化など多くのことが出産前と変化してしまします。
また、骨盤が広がったままの状態になっている原因の一つには筋肉量の低下が考えられます。筋肉量が足りないために骨盤を閉じることができず、広がったままになるのです。

そのため骨盤に筋肉が足りない方はストレッチなどで筋肉を発達させる必要性があります。

また、体の歪みによる原因の方はヨガなどを行うと綺麗に歪みがとれることがあります。
では、ここで産後太りの原因について簡単にまとめておこうと思います。

原因と考えられるのは体の歪みや骨盤周辺の筋肉量の不足です。

出産に伴う脂肪の増加は大きな原因とは考えにくいです。それよりも歪みと筋肉量の低下による骨盤が広がったままの状態になっていることが直接的な原因と考えられます。

そしてその対応策としてはヨガやストレッチが非常に効果的でこの二つを行うことで骨盤の歪みと筋肉の発達を図ることができます。

産後太りの解決策

ここまでは原因について詳しく解説してきましたが、ここからは対応策であるストレッチとヨガの方法についてお伝えしていこうと思います。
まず、ストレッチの方法ですが、椅子に座りタオルを股の間に挟みます。そしてお尻を引き締めます。

この引き締めた状態を5秒間キープして、キープできればゆっくりと緩めていきます。

このストレッチは初めは、少し間隔をつかむのが難しいかもしれませんが、コツがつかめれば非常に簡単に行うことができます。
自分のペースに合わせて秒数を伸ばしていってもいいですし、ずっと5秒間キープを何回にも分けて行っても問題ありません。
慣れてくれば股の間のタオルのいらなくなりますので、いつでもどこでも行うことができるようになります。
なので、1日に何度も行うことができますので、効果を実感するまでの期間が短くて済むストレッチです。

では、次に産後太りに効果的なヨガについて紹介していこうと思います。まず、始める時期ですが、始める時期として推奨されているのは産後1ヶ月からです。

1ヶ月よりも早い時期から始めたいという方は医師からの許可を得るようにしてください。ですが、ほとんどの医師は産後1ヶ月後からしか許可を出しません。

また、帝王切開など体に負担のかかる出産を経験された方については、産後1ヶ月といっても医師からの許可が下りない場合が多いです。

その場合、始める期間については医師の判断に委ねるのが最も最善だと思います。
産後太りは女性からすれば嫌なことなので、焦って早い時期から始めてしまう方も多いかと思いますが、焦らない方がいいです。

では、実際のヨガの方法を紹介してゆきます。まずお教えしたいヨガは合掌ヨガというヨガの中でも主役的な位置付けのヨガです。

これはその名の通り合掌をするヨガです。あぐらの姿勢で合掌をする姿勢をとり、肘を乳首の高さまで上げます。そして合掌に力を入れ、左に合掌を移動させます。そしてそれをゆっくり元の真ん中の位置に戻します。

この動きを逆側も行います。このヨガの手順はたったこれだけです。

かなりシンプルですよね。
産後1ヶ月などにするならこのヨガが最も適しています。このヨガなら体への負担も少なく、求めている効果は確実に得られます。

産後から時間がもっと経っていれば、さらに負荷の強いヨガもいいですが、その場合もこのヨガを始めにやってから行うと入りやすいかと思います。

体の歪みをとると体は驚くほど健康になります。産後は母体がかなり疲弊していますので、しっかりと体のためになるヨガをすべきです。
ぜひ、試してみてください。

まとめ

今回は、産後太り解消のためのストレッチとヨガについて紹介しました。モデルの方なども産後にはかなり気を使っていて、産後にすぐにスタイルが戻る方などもいますね。

日本だと山田優さんや藤本美貴さんなどが特に有名でしょう。海外だとミランダカーさんが産後にスタイルがすぐに戻ったと話題になりましたね。

彼女たちはモデルなので何か特別なことをしていたり、ものすごくお金をかけていたりと考える方もいるかもしれませんが、意外と彼女たちもヨガやストレッチという一般の方にもできる方法を頑張っていたというだけです。

ただ、彼女たちは見た目がそのまま仕事につながるので、仕事魂があり、絶対に戻るぞ!という気持ちが非常に強いというだけの違いです。
ちなみに海外の方に関しては、お金もかなり掛けているかもしれませんが、日本人だとそこまで掛けていない方が多いです。
なので、皆さんもモデルたちに負けないように産後太りを解消して出産前よりも、素晴らしいボディを手に入れてください!

着けてるだけで痩せるってホント?お勧めコンテンツ