管理人豪管理人豪

今ダイエット中の方もこれからダイエット中の方もダイエットの目的は脂肪を減らすことですよね。ですが、実際その脂肪についてあまり知らないのではないですか?

例えば脂肪肝など!そこで今回は脂肪の中でも脂肪肝に焦点を当ててご紹介していこうと思います。

今回は少し難しい内容になるかもしれませんが、肥満を放っておくと、これだけ大変な事態に発展してしまうぞ!ということを知っていただけたらと思います。

まだ、脂肪肝が何なのか、脂肪肝は知っているけど甘く見ている方は是非!読んでいってください!
今までの肥満に対してのイメージが大きく変わること間違いなしです!

脂肪肝って何?

まず、脂肪肝とは何だと思いますか?漢字の見た目からは何かの臓器か脂肪の種類なのかと思いますよね。
ですが、実は脂肪肝は重大な病気になる前の前段階の病気なんです。脂肪肝を放っておくと肝硬変や肝細胞癌などの重大な病気に進行する可能性があります。そのため脂肪肝とは馬鹿にできない病気なんです。

その脂肪肝の原因とされているものは食べすぎ、運動不足、飲みすぎ、肥満、無理なダイエットなどとされており、全体的に日々の生活習慣が大きな影響を与えていることがわかると思います。

脂肪肝という病気をもう少し詳しく説明すると脂肪肝は中性脂肪が肝臓に溜まってしまう病気です。

食事の際に摂取した脂肪酸やブドウ糖などが、運動をしないことにより体の中で余ってしまい中性脂肪と名を変えて肝臓に溜まっていき脂肪肝は進行していきます。

つまり簡単にまとめると脂肪肝というのは肝臓に中性脂肪が溜まってしまうことにより発生する病気というわけです。

ちなみにアルコールを多く飲むことにより中性脂肪が形成されやすくなりますので、脂肪肝になりやすいという状況を作ることになります。

ですが、アルコールは脂肪肝になる直接的な原因とはならず、直接的な原因は過食によるものです。

アルコールを摂らない方が脂肪肝になった場合には通常に脂肪肝とは異なり、NAFLD(非アルコール性脂肪性肝疾患)というちょっとだけ違った名前になります。

このNAFLDには2つの種類があり、NAFL(単純性脂肪肝)とNASH(非アルコール性脂肪肝炎)このNASHになると非常に危険です。これを放置すると肝硬変や肝細胞癌などになるケースがあることが報告されています。

では、自分が脂肪肝がどうか気になりますよね。ここからは脂肪肝になった人に出てくる症状をご紹介していこうと思います。
まずは、肩こりです。また疲れやすいなどの症状も代表的な症状の一つです。そして頭がぼーっとするというものや胸焼け、だるさ、食欲の低下、右上腹部の痛みや黄疸などが脂肪肝の人にでる症状の特徴です。

ここにあげた症状の特徴のように実際には脂肪肝というのは本人でも非常に気付きにくく発見が遅れてしまいがちな病気の一つです。
発見した時には他の病気と併発していることも珍しくありません。

じゃあどうすれば予防できるの?

では、どうすれば予防できるのかが気になってきますよね!ここまで読んでいただいた人ならどれだけ脂肪肝というものが危険なのかがよくわかっていると思いますので、ここからはその予防の方法についてご紹介していこうと思います。そんなことになったら絶望ですよね!

そうならないためにも定期的な健康診断や少しおかしいなと感じたらすぐに検査を受けてみてください。

そしてここで重大な事実を発表しようと思います。この記事をここまで他人事と思い読んでいた瘦せ型体型の方々!脂肪肝は実は体型はそんなに関係しないのです!実は脂肪肝は肥満の人のみが発症する病気ではなく、瘦せ型のあなたにも十分その可能性がある病気なんです。

もし、先ほど紹介した症状に似ているものを自分に感じる方はすぐに病院での検査を行ってください。

検査は基本的に血液検査で行いますが、CTや超音波などで行っている病院もあります。
早めの発見が重要ですので、心配な方はすぐに検査をされることをお勧めいたします。

診断で肝機能を表す指標であるALTが20以下だった方は、今は発症していなくても予備軍になっていますので、これからの生活を改めた方がいいでしょう。

過食を抑えるか運動量を増やすかのどちらかに力を入れれば相当改善されます。
禁酒の週を作るというのも肝機能を回復させるためには非常に効果的な方法と言えます。

食を改善したい方は糖質を抑えるという方法をお勧めいたします。糖質というのはお米や果物、麺類などに多く含まれていますので、それらを食べることをこれまでよりも抑えることで脂肪肝を予防することにつながります。

どうしても仕事の付き合いなどで食事を変えることは難しいという方も中にはいると思います。そんな方は時間のあるときに飲み物が何でもいいなら緑茶を飲むように心がけてください。

今ままではおそらく飲み物が何でもいいときはコーヒーを選んでいたかと思いますが、それを緑茶にすることで脂肪肝予防になります。

もちろんアイスでもホットでも大丈夫です。緑茶ならばオフィシャルな場面でも悪目立ちしないので、生活の中に取り込みやすいですよね!

また、今まで多くのコーヒーを1日に摂取していた方は、胃が相当荒れている可能性がありますので、それをやめれば胃が回復しますので、効果は肌に現れます。

今まで肌荒れなどが続いていた方はコーヒーが原因の場合もありますので、ぜひ、緑茶に変えてみてください。

まとめ

脂肪肝は以前は心配のない生活習慣病だとされていましたが、最近の研究では、かなり心配するべき病気であることがわかっています。

脂肪肝は大きな病気の前兆のようなものであり、進行すれば多くの重大な生活習慣病になることがわかっています。

その生活習慣病というのは肝硬変、肝細胞癌などで合併して発症するものとしては狭心症や心筋梗塞などです。これらの病名なら多くの方が聞いたことがあると思うのですが、それらのリスクが脂肪肝の放置によって高まってしまうのです。

そう聞くと脂肪肝になることがどれだけ重大なことなのかわかりますよね。過食をして運動をしないことが体にとってどれだけ害悪であるかがよくわかると思います。

着けてるだけで痩せるってホント?お勧めコンテンツ