バランスボールとダイエット。経験談・アドバイス4インナーマッスルや体幹という言葉を聞いた事はありますか。筋肉には、インナーマッスルとアウターマッスルという筋肉がありますが、アウターマッスルは身体の表面にある筋肉を指し、インナーマッスルは身体の深い部分にある筋肉の事を指しています。インナーマッスルを鍛える事で、身体の体幹も鍛えられてバランス感覚がすぐれ運動によるダイエット効果を望む時にこの二つを鍛える事が効果を上げる近道と言えるのです。

その様に身体を鍛えていくのはやはり特別な器具やプロのトレーナーについてもらわないと出来ないと思いがちですが、実は自宅でも気軽に出来るトレーニングがあります。それがバランスボールです。バランスボールは、ボールの上に椅子の様に座ったり脚をのせたりして使うのですが、意外に座るだけでもバランス感覚がとても必要でバランスを取り続けていないとすぐに落ちてしまうのでインナーマッスルがとても鍛えられるのです。

普段生活している時には使わないような筋肉を使わないとバランスが取れない上にバランスボールは、インナーマッスルを使用しているため身体の代謝がとてもあがります。有酸素運動というものがありますがまさにその運動をしている状態になりダイエット効果が高まります。

そして更に嬉しいのは、全身の筋肉に使えるという事です。部分別のダイエットマシーンは結構ありますがバランスボールは一個あれば、お腹、背中、下半身、全身を鍛える事が出来るのです。お腹のインナーマッスルを鍛えた場合、内臓を刺激してくれて便秘などの解消につながる事もあります。ポッコリお腹にお悩みの方もバランスボールで鍛える事でそのお悩みが解消される事もあります。

ただ、バランスボールがいくら簡単に始められると言っても段々飽きてきてしまったりしますよね。そんな時も、例えばリビングでテレビを観る時にソファに座る代わりにバランスボールに座るだけでも知らず知らずに体幹とインナーマッスルが鍛えられて行きます。体幹が鍛えられていくうちに普段の姿勢も良くなりダイエット効果も上がるなんてとても効率的ですよね。

バランスボールは、身体の大きさによりサイズが違うので自分に合ったボールを選んでいつも手の届く場所に置いて普段から座る事を習慣付けるのがダイエット成功の秘訣ですよ。

チェック!「バランスボールとダイエット」について。管理人豪執筆先輩冴島監修の記事