ボクササイズとダイエット。経験談・アドバイス2ボクササイズ大えとてゃこれをすることにより効率よく楽しくする方法で、音楽をかけながらすることも多く、大多数で和気あいあいとした雰囲気でダイエットできるのも特徴です。そして効率よくダイエットができて、さらに楽しく行えて、効率いいのはボクササイズ運動はハードな動きを取り入れていて、ハードな運動になるからで、これは有酸素運動となりますが無酸素と有酸素の違いは、ぜーぜー呼吸が苦しいのが無酸素で、呼吸が早くなるものの苦しくないのが有酸素運動。有酸素運動をハードにすれば無酸素運動になり、会話を楽しめる程度のハードさに抑えましょう。

ボクササイズは有酸素運動であり、どれぐらいの消費カロリーがあるのでしょう。体重60キロの人がボクササイズを10分するとき約105キロカロリー消費しておなじ有酸素運動に比べジョギングのときは10分間で約73kcal、ウオーキングは10分で34kcalに。ウオーキングに比べボクササイズは3倍カロリー消費できて、短時間で効率が良いです。これを続ければ体の筋肉を至芸されて筋肉量アップして、ストレッチなどの運動よりかはハードで、続けることにより筋トレと同じような効果を得られます。

ボクササイズはほかの有酸素運動にない特徴があって、ストレス発散しやすくて、これはボクシングの動きを取り入れてパンチを繰りかえするフォームがたくさんあります。空中でも普段なにかに向かいパンチを繰り出す動作はしませんがいざやってみれば思いのほか気持ちすっきりするのを実感できるでしょう。

仕事に対しあらゆる不満に対しパンチを繰り出して打破するようイメージして日常のストレスをうまく発散してくれます。ストレスがたまりにくくなると代謝が落ちることがなく、ストレス解消にむだな買い物や暴飲暴食することがなくなります。ボクササイズをするとき入念にストレッチをして行って下さい。血行促進されれば筋肉があたたまりやすくなってけが防止が可能。アキレス腱は重点的にし前身の筋幾をくまなくほぐしてください。これはボクシングの動きを取り入れて基本姿勢からかまえていきます。

チェック!「ボクササイズとダイエット」について。管理人豪執筆先輩冴島監修の記事