ダンスエクササイズとダイエット。経験談・アドバイス4かつて、スポーツジムに通っていました。その中でも、足しげく通ったのがスタジオレッスン。マシンを利用するものではなく、鏡張りのスタジオで音楽に合わせて体を動かす、というものです。

スタジオレッスンにも数種類あり、エアロビクス・ステップ台を使ったものや格闘技の動きを取り入れたものなど。どれも楽しかったのですが、私が一番はまっていたのはダンスエクササイズでした。入会案内の、プログラム紹介欄では「難易度」のところが星五つ(最高値)になっています。そして、そのレッスンを終えた人たちがスタジオからドドーっと出てくる様子を見ると、なんだか「本格的な恰好」をしている方々ばかり。初めは、抵抗がありましたが、それよりもやってみたい気持ちの方が強く、思い切って飛び込んでみました。

始めは、それはそれは残念な結果でした。インストラクターの動きを数カウント遅れで真似るのが精いっぱいで、リズムに乗るなんて3ランクぐらい上の話。鏡を見ても、自分一人だけ動きがズレていました。変な汗ばっかりかいて、「エクササイズで汗をかく」という爽快感なんか得られなかったことを覚えています。

でも、みんな始めは初心者だったはず、と頑張って通うことにしました。1時間のレッスンのなかで6~7曲ほど踊ります。エクササイズとしての動きは確かに難しいものでしたが、毎回同じ曲を踊っているのだということがわかりました。なので、通っているうちにだんだん振りを覚えることができるようになりました。そして、ある時、全ての振付を覚え、間違えずについていけるようになる日が訪れました。このときの気持ちの良さといったら。

振りの難しさに気を取られてそれまで気が付きませんでしたが、運動量も実はかなりのもので、自分が踊り切れるようになるころには、心肺機能もけっこう強くなっていました。

振付を覚えて気持ち良く踊っていると、数日後に新曲として新しい動きのエクササイズが投入されました。3か月ごとに、新曲が入るらしいのです。そしてまた、振りの覚えなおしで変な汗。でも、慣れてくると新曲への適応も早くなっていきました。

私はもともと、体脂肪率も低い方だったので、体重の変化はほとんどありませんでした。でも、ダンスエクササイズを続けることで、「疲れにくい体」になれたと思います。仕事の途中で眠気に襲われることがなくなったのは、とても嬉しい変化でした。

チェック!「ダンスエクササイズとダイエット」について。管理人豪執筆先輩冴島監修の記事