ダイエット継続のコツ。経験談・アドバイス2ダイエットは摂取カロリーよりも代謝カロリーを増やしていく事で結果が出て来るものですが、その過程で食事制限や運動を行うパターンが多いです。

途中でダイエットを辞めてしまうと元通りになったり、逆に体重が増えてリバウンドを起こす事がありますから、ダイエットにおいては継続性というものは重要な要素になります。

実際にダイエットを行ってみても、過剰な食事制限では途中で反動から食べ過ぎる時期が来たり、激しい運動も挫折を産む事が多くて、継続出来なくなれば体型も元に戻っていくものです。

もちろん過剰なカロリー制限、運動を行えば一時的に痩せて結果は出ますが、あまりにも心身に負担をかけてしまうと継続が難しいですから、効率良く継続的に行えるコツを知ると、結果を出し続ける事が可能になります。

カロリー制限に関しては、食べないという方法は避けて、食べながら痩せる方法が続けやすいコツになり、洋食中心や外食が多い場合は、和食に切り替えたり自炊する事は有効です。

食事も腸内を掃除してカロリーも少ない食物繊維を沢山とれば、お腹は膨らむ上にカロリーが無いというメリットがあり、大抵の日本人は糖質は過剰摂取しがちなので、糖質を減らしてタンパク質を取る事を意識するのも良い方法と言えます。

食べながらカロリーを減らしたり、腸内を綺麗にする事で痩せ体質を作る事が出来ますから、食べないダイエットよりも食べるダイエットの方が続けやすいです。

運動に関しても続けられる範疇で行う事が重要であり、効率性を求めていく事で負荷を小さくしながら結果を出していけます。

例えば筋トレを行って筋肉量を増やせば痩せ体質になっていきますが、漠然と筋肉を鍛えるのではなく、1つの部位を鍛えたら回復までに2.3日開けて再開するという方法が効果的です。

筋トレは鍛えた部位を毎日トレーニングしても効果は乏しく、休むという事も必須になりますから、毎日鍛えなければダイエットに繋がらないと考えていた方には安心出来る原則と言えます。

太りやすい食生活を避けて、食べながらダイエットを行ったり、筋トレも回復期間を作って毎日行わないという事を意識すれば、続けやすくなります。

チェック!「ダイエット継続のコツ」について。管理人豪執筆先輩冴島監修の記事