ダイエット継続のコツ。経験談・アドバイス7やせたい女性、あるいは男性はたくさんおられることと思います。アメリカでもダイエット本がベスト10に並ぶ時代です。

しかし、いったんはダイエットに成功しても、すぐにリバウンドしてしまう事例が多いのが現実ではないでしょうか。そこで失敗しないで済むダイエットを考えて、いろいろ試してみました。

バナナダイエット、お粥ダイエット、糖質制限食などなどです。その中で一番効果的だったのは、自分なりに考えて栄養学と運動理論を組み入れて習慣化する方式でした。

まず、やせるということは脂肪を落として健康的にやせなければなりません。ただ体重を落として、ガリガリにやせればよいわけではありません。筋肉が落ちて、スタイルも悪くなり、あまつさえ体力まで低下し、病を招いていては何にもなりません。

拒食症の人のようなやせ方に陥ってはならないのです。ダイエットをしながらも筋肉はしっかりとついたままで、やせていくのが理想です。お食事はきちんと三食摂るようにします。

良質のたんぱく質源である卵、牛乳、豆類、肉、魚、穀類をバランスよく三食に取り入れます。その際に一種類に偏ることのないようにします。

たとえば朝食にはパン一切れとミルク、ハム一枚などにし、昼食には焼肉2~3枚と豆類と軽く一膳のごはん、夕食には焼き魚とゆで卵、お味噌汁など、多種類のたんぱく質を組み合わせるのです。

こうしたことによって効率よく栄養摂取と筋肉作りがなされていきます。野菜は山ほど毎食摂るようにして、満腹感を出しましょう。次に運動です。

食後にウォーキングを取り入れ、必ず体を動かすようにします。仕事があり、無理ならば昼休みや夕食後でも構いません。運動を日課にすると、ストレス発散にもつながり、歳月と共に心身の健康状態に寄与していきます。

暴飲暴食はやめ、規則正しい生活をします。心の問題により、やけ食いをするので、孤独感を解消できるように努めます。これらを組み合わせて、習慣化することにより、ヘルシーにダイエットを継続させていくことができます。

チェック!「ダイエット継続のコツ」について。管理人豪執筆先輩冴島監修の記事