ダイエット継続のコツ。経験談・アドバイス10ウォーキングやヨガなど、習い事や外で行うダイエットになってしまいますとどうしても継続することが困難なときが出てきてしまいます。

それは、今日は雨だからウォーキングをサボってしまおう、半年通ったけど面倒だから今月でやめてしまおう、もしくは人間関係で通わなくなってしまう、などがほとんどです。

自分にだらしがないからこそ、ダイエットが必要な体になってしまっているのですから、外に出てダイエットをするというのはとてもハードルが高いと思うのです。

ですから自宅でできて、尚且つこの時間からこの時間まで必ず行うと決めたダイエットをやるべきです。

一番簡単なのは踏み台昇降です。これは基本的に雑誌を束ねたものがあれば簡単に行えます。雑誌はあまり自宅にないし、という方には通販で購入できる10センチから15センチの踏み台がオススメです。

踏み台昇降のカロリー消費はウォーキングよりも優れており、ランニングに近い消費量があります。

天候に左右されやすいウォーキングより、面倒で今日は外に出たくないなぁや雨だからウォーキングサボっちゃおうとう思うことのできない、自宅にあるのだからやらなければいけないもの、そういうダイエット器具が必要になってくるのです。

ただ、自宅でもサボってしまう、という人にはスマホのアプリなどで運動量を管理するものを入れるとよいでしょう。あすけんなどの運動だけではなく食べ物のカロリー管理も行ってくれるものであれば数値としてみることができますし、目標カロリーがありますので、それを超えていない場合はカロリーを消費しなければならないと思えるようになるのです。

ダイエットを始めるときは運動のカロリー計算や時間を決めること、自分がどういう運動を行いどれだけの期間で痩せていくのかなど最初が本当に面倒ですが、その面倒なことをクリアしないとダイエットができません。

自分の体を恥ずかしいと思うからこそダイエットを行うのですから、その面倒なことをクリアして一日一時間毎日この時間に必ず運動をする、など決めてダイエットを行うことが大事なことになっていくのです。

チェック!「ダイエット継続のコツ」について。管理人豪執筆先輩冴島監修の記事