踏み台昇降とダイエットについて。アドバイス6初めて踏み台昇降ダイエットをしたときの話です。そのときは結構闇雲にやっていました。やればとにかく痩せると思ったのでしょう。

確かに、効果が出るのは割と早かった記憶があります。その時点でやめていればおそらく何もなかったと思うのですが、私は欲張って続けたのです。

欲張ってという言葉が果たして正しいのかは分かりません。効果が出れば続けたいと思いますし、もうちょっとと思ってしまいます。

一応言っておきますと、かなり痩せるまで続けていたわけではありません。ですが、膝が悲鳴をあげてしまいました。

私は過去に二度膝を怪我していて、治るのも時間がかかりました。同じようなところを怪我しているので、そこまで年をとらないうちから膝が痛くなるかもと言われてしまいました。

年をとって痛くなるのも嫌なのに、そこまで年をとらないうちに痛くなってしまうのかと思うと、残念でした。ですが、これくらいなら大丈夫だろうと昇降しまくった結果、膝を痛めてしまいました。

病院に行ったら、関節炎だと言われました。本当に痛くて、歩くのもままならないかんじでした。膝も真っ赤に腫れて、正直引きました。

やはり以前怪我をしたようなところで、やっぱり無理をしたらいけないのかと実感しました。幸いなのは、痛める前に既に効果が出ていたことです。

太ももはかなり実感しました。数日で、今まで履いていたデニムがゆるくなりました。ここまですんなりと痩せることが出来るのかと、本当に驚きました。

もちろん、やりすぎたから膝を痛めたわけですが、ほどほどにすればもっと良いかもと思いました。ただ、膝を痛めてしまったので、休んだ結果結局やらなくなりました。

また痛めるのはさすがに嫌だなと思ったのです。なんとなく痛い程度ならまだしも本当に痛くなりますし、日常生活に支障が出るのは自分も周りも本当に困るからです。

ですので、やめたというよりも、やるのが怖くなったというほうが正しいかもしれません。

チェック!「踏み台昇降とダイエット」について。管理人豪執筆先輩冴島監修の記事