踏み台昇降とダイエットについて。アドバイス8踏み台昇降というと、小学校のスポーツテストの時ににやった記憶があるぐらいのものでした。しかし、この踏み台昇降こそ運動中に酸素を多く取り込む事が出来る有酸素運動である事を雑誌で知りました。

そういえば、小学校のスポーツテストの時に踏み台昇降していたら、結構息切れしていた記憶が蘇りました。いろいろな筋トレにはまっていた私は、早速踏み台昇降ダイエットを始める事にしました。

しかし、踏み台昇降の踏み台を何にしようかと悩みました。小学校のスポーツテストの時には、専用の踏み台がありましたが、家にはそんな物はありません。

20センチぐらいの高さが、ちょうどいい事を知り家にあるいらなくなった雑誌をガムテープで、しっかりと固定して何度か試しに雑誌の上に上がって降りてを繰り返してみました。

雑誌の上に乗っても安定していたので、いよいよ踏み台昇降を始めてみました。すると5分ぐらいやっただけで、結構息が切れしてしまい初日は、終了しました。

よく有酸素運動は、20分くらいやらないと効果がないというのを見るので、次の日には20分を目指そうと思いました。しかし、次の日にはまさかの脚が筋肉痛になっていました。

たった、5分で筋肉痛になるという事は、それだけ筋肉を使ったという事です。この筋肉痛は、成果だと思い次の日から頑張って踏み台昇降を20分するようになりました。

最初の頃は、毎回息切れがひどく「はぁはぁ」言いながらやっていました。

しかし、1週間続けた頃から息も乱れなくなり、少し楽に踏み台昇降を出来るようになりました。踏み台昇降は、ジョッキングなどの有酸素運動と違い、季節や天気に左右される事無く続ける事が出来るので、続けやすい運動である事をやりながら感じました。

何より、1ヶ踏み台昇降を続けた頃から、身体全体が引き締まってきたのには、感激しました。身体が引き締まっただけではなく、以前は体力がなく運動するとすぐに息切れが起きていましたが今では体力も付きました。

チェック!「踏み台昇降とダイエット」について。管理人豪執筆先輩冴島監修の記事