呼吸法とダイエット。経験談・アドバイス3腹式呼吸ご存知ですか?歌を歌うときなどは、腹式呼吸をするとよく聞きます。実はこの複式呼吸、ダイエット効果も期待できるというのです。

私たちは通常、起きているときは胸式呼吸、寝ているときは腹式呼吸をしています。つまり、起きているときはお腹をあまり使っていません。ただ、呼吸は寝ているとき起きているとき関係なく行うものです。これをしなきゃいけないから一旦呼吸するのやめよう、なんてことはありませんよね?何かをしながらも、必ず行っている呼吸、この行為でダイエットできたら時間もとりませんし、何より簡単です。ではさっそく、腹式呼吸の効果を見ていきましょう。

まず、腹式呼吸はお腹周りの筋肉を使います。お腹を膨らませたりへこませたりする筋肉ですね。この筋肉を意識して呼吸することがインナーマッスルを鍛えることに繋がります。そして、お腹周りのサイズダウンになるのです。

また、腹式呼吸では胸筋も使います。この筋肉が鍛えられることによって、バストアップ効果や新陳代謝も活発になります。全身の脂肪燃焼にも効果があるということです。

さらに腹式呼吸にはリラックス効果もあります。深呼吸しているのと同じことなので、副交感神経が優位になり、心身が落ち着くのです。ストレス太りなんてよく聞きますよね?全てのストレスを拭い去ることができる訳ではありませんが、必要のない場面で緊張していると身体も心も疲れ果ててしまいます。適度なストレスで生活するために、リラックスすることはとても大切なんです。ストレスによるドカ食いも防げるかもしれません!

そしてよく聞くのが、便秘に効いたという話です。お腹の筋肉を使うことで腸が刺激され活発に動くようになり、快便になるというのです。便秘はダイエットの大敵!

このように4つの効果が期待される腹式呼吸。最後に簡単に腹式呼吸の方法をお伝えします。

方法は簡単、息を吐くときに思い切りお腹をへこませて息を吐き切り、息を吸うときはお腹を名一杯膨らませて空気でパンパンにします。これを、12秒かけてやってください。6秒で吸って、6秒で吐く。これをワンセットとして1日10セットやりましょう。何かをしながらで構いません、お腹の筋肉を意識して行ってみてください。仕事中などは秒数に気を取られると難しいかもしれないので、お腹を使って深く呼吸をするくらいでもやってみてください。

時間もお金もかからないこの腹式呼吸。お腹がへこんだ!という感想も良く耳にします。ぜひ、試してみてくださいね!今すぐにでも!!

チェック!「呼吸法とダイエット」について。管理人豪執筆先輩冴島監修の記事