呼吸法とダイエット。経験談・アドバイス10私自身は現在、2012年の3月から継続している「ロングブレス呼吸法」を実践していますが、実はこれをやってきたこれまでの経緯から、ある事に気が付きました。それは、今までやってきた、激しい運動などが如何に無駄なただ体力の消耗ばかりをして、生理学的に問題性があったのかについて理解が出来た事でした。元々、確かに私の身体の体質は太りやすいという特徴がありました。しかしこれにはちゃんとした理由があって、幼い頃は喘息持ちであり、このため鼻部分では呼吸がしにくいといった身体的な事情もありました。

しかし現在40代半ばになり、あの元俳優出身である美木良介先生が考え出した「ロングブレス呼吸法」を見よう見まねでテレビ放送での解説を守りながら実践をしてみると、体重や体型の維持が現在まで続いているので、もしやと思い、色々と調べてみたら、やはり太り具合などにも正しいものと間違ったものとがある事が、それぞれようく理解が出来ました。そう、全てはここからが始まりだったのでした。呼吸法さえちゃんとしておけば、今までの学生時代での授業中や職場などでの鼻詰まりや鼻水などの悩みや、肥満だった体型などに特に悩んだりするような必要性なども無かったのかもしれません。

呼吸のやり方そのものがたまたま自分以外の健常者である方などよりもきちんとしていない事に過ぎなかった、ようやく40代を過ぎてその事にあの金スマでの美木先生による番組を見て気が付いたような感じです。これはまた別な言い方をすると、それだけにそれぞれの個々人に合った、正しい呼吸法そのものがあるという事に他ならないという事かもしれません。

事実、そのおかげで余程の風邪気味などのような健康上での不具合などが無い限り、余計な鼻水や痰などが出なくなり身体も軽くなりましたので、ロングブレス呼吸法を実践してきた事自体は間違いが無いと確信をしています。これから2014年に独立して立ち上げた事業などもありますので、これを続けていくためにも、このロングブレス呼吸法をこれからも継続していこうと考えています。

チェック!「呼吸法とダイエット」について。管理人豪執筆先輩冴島監修の記事