ダイエット目的での筋トレ。経験談・アドバイス3次男を出産後、体重が思うように落ちず、身長154㎝体重60㎏というずんぐりむっくりの体形になってしまいました。母乳育児で毎日とてもお腹がすくので、毎食お腹いっぱいに食べおやつもしっかりと食べていました。

母乳のためと自分に言い訳して食べ続けていたので体重が落ちるわけがありません。

育児で忙しかったし、30代になると自分の体形を他人がどう思っているかなんてどうでもよくなり、特に気にしていませんでした。

そんな中、友達と友達の子どもがうちに遊びにきました。友達は産後に体重をきちんと戻し、スキニ―パンツも綺麗に着こなしていました。

子どもたちが遊んでいるのを見ながら友達とお茶を飲んでいると、不意に友達から「太った?」と言われました。とても驚きましたが「母乳あげてるとお腹すくからつい食べ過ぎちゃって」と笑いながら答えました。

しかし、あまりにもショックでそのあとの会話をほとんど覚えていません。体型のことなんか気にしていないつもりだったのに、身近な人に太ったと言われるのは想像以上にショックだったのです。

ついに私にダイエットの神が降りました。ダイエットというと体重を落とすことと思われがちですが、体重が落ちても体型に変化がないのでは意味がありません。

私は体重よりも体型を重視したかったので、筋トレを中心にダイエットすることにしました。しかし、筋トレと言っても腹筋と背筋ぐらいしか思いつきません。

そこで、Youtubeで筋トレの動画を探して、それを見ながら行うことにしました。筋トレにもさまざまな種類があり、場合によっては負荷が強すぎてうまくできないこともあったので、負荷の弱い筋トレから始めました。

二の腕やお腹、背中、おしり、ふともも、ふくらはぎなど、気になる部分を中心に動画を見ながら毎日筋トレを続けました。同時に炭水化物を少なくして、その分タンパク質を多く摂るように心掛けました。

その結果、半年で体重が3㎏減り体系は全体的に引き締まりました。特に、浮き輪のように腰回りについていた贅肉が取れ、くびれができました。今度友達に会った時に「痩せたね」と言われたらいいなと思います。

チェック!「ダイエット目的での筋トレ」について。管理人豪執筆先輩冴島監修の記事