ダイエット目的での筋トレ。経験談・アドバイス9私はダイエットを効果的に行うために、まずは筋肉をつけるようにしています。筋肉量が増えると、エネルギー摂取量が高まるからです。極端に言えば、筋肉があると寝ていても痩せることができます。

無理な食事制限や過度な運動をやって、エネルギーを一度にたくさん消費しようと思っても、それはかなり難しいことですし、場合によっては危険な状態になってしまうこともあります。

また、辛く苦しい思いをしても、思うように体重やサイズが落ちないというのもダイエットです。逆にそれほど辛い思いをしなくても、体重やサイズが落ちていく場合もあります。

特にインナーマッスルを付けていくことによって、よりダイエットの効果が出やすくなります。ダイエットを成功させるためには、まずは脂肪を減らし、筋トレなどで筋肉量を増やしていくことが必要だと感じています。

私が最近実際に体験したことは、姿勢を良くするとサイズを落とすことができるということです。

私は長年、腰痛に悩んでいました。原因は腰の位置が通常よりも前に出ているということです。そのため、お尻が前に出て下がってしまっているために、腰からお尻にかけてのラインがまっすぐになってしまっています。

腰の位置がきちんとなっていないため、上半身をしっかり支えることができません。そのため、腰痛や肋骨痛、または胃腸の調子が悪くなりやすく、足もむくみやすいという負の状態が多く出てしまっています。

しかし、腰の位置を意識的に少し後ろへ動かしてあげると、上半身も安定してきます。全身の血流が良くなり、むくみがなくなっていくようです。

最近、ダイエットをしていなかったのですが、太ももが細くなったような気がしたので、試しにサイズを測ってみたら、1~2センチ落ちていました。

また、運動で脚も筋肉が程よく付いていました。以前のようにむくんだブヨッとした脚では無くなっていました。

ダイエットで体重が落ちても、体脂肪が多いと、見た目の印象は締まりのない体に見えてしまいます。見た目の美しさも良くするならば、やはり筋トレなどの運動と姿勢を正していくことが大切だと思います。

チェック!「ダイエット目的での筋トレ」について。管理人豪執筆先輩冴島監修の記事