ながらダイエットの口コミ3私はデスクワークが主体の働き方ですので、どうしても運動不足になって太りやすくなってしまっていたんですよね。実際に新卒入社で今の会社へ入ったのですが、3年ほど経過した時には体重が二桁増になってしまっていました。その頃は仕事にも慣れ、何となく油断もあったのだと思います。仕事をしながら間食を繰り返していたんですよね。また、同僚から差し入れなども頻繁にありましたので、それを断るのもカドが立つと思い、そのままいただいて食べていました。その結果が二桁増だったわけです。

悲しいことに、学生時代の友人に会うたびに「太った?」と言われ、あの頃は本当に誰にも会いたくない日々でしたね。しかし、まだ20代でそんな状況が良いはずもありません。そこで一念発起して痩せようと思ったのですが、その際に私が実践したのが二つの「ながらダイエット」です。

まず一つ目は、座りながら実践していた「ながらダイエット」です。大まかに言って二つあるのですが、一つは座りながらつま先だけを地面に着け、かかと部分をグッと上にあげるものです。ふくらはぎを鍛えるイメージで、気が付くたびにグイグイと上げていましたね。こうすることでふくらはぎが鍛えられ、むくみの解消と痩せやすい身体づくりの基礎を作ろうと心掛けました。また、午前と午後でそれぞれ50回ずつ、両太ももを閉じて上に持ち上げる動作をしました。これは腹筋を鍛えるイメージですね。実はこれ、相当きついんですよ。午前はともかく、午後は力が入らなかったりしますね。まぁ、眠気覚ましにも丁度いいのでやりましたけど。

こうして、デスクワークとして座りながら筋力を鍛え、脂肪燃焼と痩せやすい身体づくりをやっていましたね。

そしてもう一つの「ながらダイエット」は、ガムを噛むことです。ガムを噛むことで脳の血流を上げていたのですが、最大の目的はおすそわけを無理なく断れるということです。仮にお菓子が回ってきても、「ガムを噛んでいるので」と断ることが出来ます。「いりません」というと印象が悪くなりますが、ガムなら仕方がないかなと思ってもらえるかなと思って噛んでいました。まぁ、周囲には眠気覚ましと言って噛んでいましたけどね。

このように、デスクワークとして働きつつも、「ながらダイエット」で二桁増えた体重も、大分元に戻りましたよ。今も実践しており、余計な時間を取られない分、非常に楽ですね。