縄跳びダイエット。経験談・アドバイス6ダイエットの定番であるジョギングは、スポーツウェアを揃えたり、防犯の為に時間帯を考えたりするのが面倒なイメージが強く、実際あまり続きませんでした。

ですが、縄跳びダイエットなら、小さな庭でも縄跳び1本で出来ますし、屋根がある所であれば梅雨等の天候に左右される事なく毎日の継続が可能なので、個人的にはオススメです。

気が向いた時に、パッと始められるのがズボラには一番です。プロ用なのか?というお高い縄跳びも販売されていますが、100均の縄跳びでも十分です。

私は左ひざの半月板を学生時代に損傷しており、あまり膝に負担がかけられないのでエア入りのシューズ(1万円)を履いて飛びます。膝に問題が無い方でも、繰り返し飛んで着地する縄跳びは若干膝に負担がかかりますのでなるべくアスファルトやコンクリートの上よりも、学校の運動場の様な砂地や芝生の上がおすすめです。

二重とび等が出来なくても、普通の前飛びで十分効果がある・・・というか前飛びを基本として行い、飽きてきたら二重とびやあやとびをして遊ぶ感じで行いました。

学生時代以来全然飛んでいなかったので、前飛びを100回もすると、もう息切れが酷かったです。よくひっかかりましたしね。

あと、お腹やら太ももやらの脂肪がダルンダルン揺れますので、自分のお肉をかなり実感出来ます。自分のお肉の重みが辛いですが、脂肪は揺らすとその刺激で燃焼されていくといいますのでむしろ喜びに変わっていきます。

最初は100回で休憩・・・という感じでしたが、続けていくとだんだん長い間飛び続けても平気な持久力がつき、お尻やお腹が凹んでいくのが実感出来ました。

継続していると、縄跳びが上手になる上、身体のひきしまりも感じらる等、技術面と身体面の両方の良い成果が出てくるので、モチベーションも上がりやすかったです。とにかく長年悩んでいた下半身太りが徐々に改善されていったので、嬉しかったです。

ただ、場所を選ばないとはいえ、あまり遅い時間に縄跳びの音がすると、何事かと様子を見に来る方もいらっしゃいますので、二重とび等激しい音のなる飛び方は極力控えて正しい姿勢で淡々と前飛びを続けるのがおすすめです。

チェック!「縄跳びとダイエット」について。管理人豪執筆先輩冴島監修の記事