ピラティスorヨガでダイエット。経験談・アドバイス8昔から身体が人一倍硬くて子供の時に習っていた新体操も準備運動の柔軟が余りにもできなくて辞めた過去があるほどです。そんな私が、30代になりいよいよ身体の新陳代謝が落ちて痩せにくい体質に変化している事を感じていました。日頃の運動量もどうしても少なく、子供と公園に行くことも成長とともに減って来て自分だけはかなりの運動不足に陥っていました。

それは、周りのママ友も同じらしく日頃運動不足で体重が増えてきたとか身体が硬くなってきたとかそういう会話が増えていました。私は、大型のマンションに住んでいてそこには同じ境遇の人が結構いたのですが、たまたまその中の一人がヨガ講師と知り合いでマンションの中にある運動が出来るスタジオを借り切ってヨガ教室を開いてもらうという話を聞きました。

以前からそういう話をしていた事もあり誘ってもらったのですが、自分の身体の硬さ、そして体型についてみんなの前でヨガウエア的なものになって運動する事に多少の躊躇がありましてしばらく考えさせてもらったのですが、やはり参加する事にしました。

そして、ヨガが始まると皆黙って講師の言うポーズに従うのですが、正直に言うとかなりきつい体勢のポーズもありそういう時には恥ずかしながら、ウッといううめき声が出てしまう事もありました。しかし、そういううめき声は私だけではなく時折静かなヨガ風の音楽が流れる中に聞こえてきたので自分だけが辛いんじゃないんだと頑張れました。しかも、私は左肩が昔から異様に凝っているのですがそこを伸ばすポーズをした時にかなり気持ちが良くて段々と身体全体が伸びていくとキツイというよりは気持ちが良いという風に感覚が変わってきたのです。

段々と難解なポーズが続きついに限界に厳しいポーズが来てもうダメだという時に講師の声が聞こえてきました。仰向けになって目を瞑ってくださいとのことでした、きつい体勢から一気に力を抜いて仰向けになるともうそのまま寝てしまいそうな気分になりました。

その日は、ヨガが終わった後何だかわからないのですが物凄く眠くてずっと睡魔に襲われていました。そして、次の日になると身体というからだすべての場所が痛くて痛くて真っすぐに歩けませんでした。何と、マンション内ですれ違ったママ友さんも同じような格好をして歩いていて皆さん筋肉痛に襲われたという事でした。

筋肉痛になるという事は筋肉が鍛えられているという証拠で、2回目、3回目と回数を重ねていくと段々と筋肉痛にもならない様になってきました。家族から最近背中のぜい肉が減った気がすると言われた時にはダイエット効果が出てきたとかなり嬉しくなりました。

チェック!「ピラティスorヨガとダイエット」について。管理人豪執筆先輩冴島監修の記事