ラジオ体操とダイエット。経験談・アドバイス2毎朝6時半に起床して、実際にラジオに合わせてラジオ体操をしています。

運動不足を解消するのが目的で、必然的に早起きにもなるし、朝のラジオ体操は私にとっては一石二鳥です。第一体操と第二体操の間にある首の運動のおかげで肩こりも改善されました。

ラジオ体操は本当に軽い運動で、跳躍もあるけれど、どちらかというと高齢者向きの体操というイメージです。日常生活では使わない筋肉を伸ばすための運動と言ってもよく、身体にはいいけれど、カロリーを消費するほどの運動ではありません。健康のためにラジオ体操をするのはおススメですが、ダイエットをしたいならラジオ体操程度ではとても無理だと思います。

そもそも運動をしていて脂肪がカロリーとして消費されるのは、30分経過してからと言われています。30分以上運動を続けないとダイエットには結びつきません。ラジオ体操は第一・第二と体操しても10分程度です。身体はほぐれてもカロリー消費できるほどの運動ではありません。

ラジオ体操を30分以上延々と続けたらダイエットに結び付くかもしれませんが、ストレッチ程度の運動を続けるよりウオーキングの方が効果が高いと感じています。

ラジオ体操のメリットは、10分という短い時間で全身の筋肉をくまなくほぐせることです。テニスやサッカーをする前にストレッチを兼ねて軽い体操をする、あのイメージです。

ダイエットしたい人がラジオ体操をするメリットを強いてあげるなら、筋肉をほぐすことで日常的に体を動かしやすくなるという点でしょうか。筋肉が硬いと体を動かすのが億劫になり、日常生活での消費カロリーが自然と低くなるようです。日頃から運動をしている人は、動きの幅が大きく特に何もしなくてもカロリー消費が活発になるそうです。

また、朝のラジオ体操から始まる規則正しい生活を送ることで、朝食をしっかり取るようになり、きちんとした食生活になる点ではダイエット効果があるといえます。

ラジオ体操は直接的にはダイエットに結びつきませんが、ダイエットをサポートする効果はあると思います。

チェック!「ラジオ体操とダイエット」について。管理人豪執筆先輩冴島監修の記事