ラジオ体操とダイエット。経験談・アドバイス6一度も曲に合わせて運動をしたことがない人はいないというほど日本人にとってポピュラーであるラジオ体操にダイエット効果があるということはあまり知られていません。何となく夏休みの子どもがする運動、老人たちが毎朝行っている運動というイメージですが、全身くまなく身体を動かすラジオ体操のカロリー消費量はバカにすることができないのです。

しっかりと行うことで1セット10kcalから15kcalを消費することができますので、メジャーである第一と第二を一度に行うだけで30kcal弱のエネルギーを使うことができます。朝晩の10分程度ラジオ体操を行うだけで、立派なダイエットになるのです。ラジオ体操ダイエットは指先までピシッと力を入れて、なるべくお手本通りに運動するのがポイントになります。これだけでもかなり疲労する運動になるので侮れません。

もちろん本格的なダイエット方法に比べると消費カロリーは微々たるものではありますが、特に日頃運動不足を感じているかたには効果が覿面です。子どもの頃には簡単にこなせていたラジオ体操も最初のうちは息切れしてしまうほど疲れてしまうという大人のかたが意外に多く、そんなラジオ体操を行うことによってさまざまな身体にとってのいい働きをします。

まず腸のぜん動運動が活発になることによって便秘を解消する効果、筋肉を伸ばすことでストレッチの作用もありますので、凝り固まった筋肉を解して代謝をアップさせることが可能です。また、ボディラインが気になっているかたは前屈運動や身体を反らす運動によって猫背を解消することができます。デスクワークで知らずに姿勢が悪くなっている人などは、肩こりや腰痛の解消にも有効ですし、ヒップラインをアップしたりウエストラインを引き締めるのにも効果的です。私はラジオ体操を行うことで、腕を回す運動のおかげか肩こりが軽くなったことと、夕方以降のむくみがかなり解消しました。

また、適度な運動を行うことで自律神経が整います。自律神経は代謝にも関係をするもので、正常に働くことでエネルギーを消費しやすい身体を作っていくことができます。軽い運動ではありますが、食事後にお腹の重たさを感じにくくなったことや太りにくくなったことを自覚しました。

劇的に体重が落ちたわけではありませんが、継続しやすいので体重増加予防には最適だと感じます。

チェック!「ラジオ体操とダイエット」について。管理人豪執筆先輩冴島監修の記事