無酸素運動とダイエット。経験談・アドバイス3ダイエットをする際に重要なのは運動ですね。やはり身体を動かすということは脂肪を燃焼することに直結するのでしょう。

そんな運動には有酸素運動と無酸素運動の二種類があり、ランニングや自転車、水泳など体に多くの酸素を取り込むのが有酸素運動、腹筋やダンベルを使用した筋トレなどが無酸素運動であるといわれています。どちらも運動には代わりありませんが、体脂肪を燃やすことが出来るという理由からダイエットに効果的であるといわれているのは有酸素運動の方にあたります。私もそれを聞いて苦手な有酸素運動を頑張ってみようと思ったものです。

しかし実は痩せるためには有酸素運動だけでなく無酸素運度も重要だという話があるのです。無酸素運動、すなわち筋トレは成長ホルモンの分泌が増えるといった理由から身体の代謝を高めるのに効果的なため、筋トレで代謝を上げつつランニングなどで脂肪を燃焼することができればより痩せやすくなるといったことなのでしょう。有酸素運動と無酸素運動をバランス良く行うのがダイエットの秘訣なようです。

無酸素運動の定番といえば先に挙げた通り筋トレです。筋トレと一口にいっても様々な物があり、道具を使用した本格的なパワートレーニングからスクワットや腹筋、腕立て伏せといった自分の体ひとつで行えるものまで幅広く存在しています。私はジムなどに通う余裕もありませんし、道具を置く場所もないためこの身ひとつで行える筋トレをしてみることにしました。主に力を入れたのがスクワットだったのですが、このスクワットというのが負荷のかけ方次第で無酸素運動にも有酸素運動にもなるというすぐれものです。基本的には無酸素運動としてスクワットを取り入れつ、自宅の階段などを利用して踏み台昇降を行うというダイエット方法にチャレンジしてみました。

結果を述べるならばあまり効果はなく良くて現状維持といったところですが、身体を動かすことでなんとなく気持ちがすっきりしました。健康的な身体を作ることもダイエットに大切なことだと思うので、これからも続けていきたい習慣ですね。

チェック!「無酸素運動とダイエット」について。管理人豪執筆先輩冴島監修の記事