無酸素運動とダイエット。経験談・アドバイス7ダイエットというと思い浮かぶのが有酸素運動ではないでしょうか。有酸素運動とは身体の中に酸素を取り入れてその酸素を利用して脂肪などを燃やしてダイエット効果を狙う運動の事です。有名な所では、ウォーキング、ランニング、そして水泳などがその運動に当てはまります。有酸素運動は、運動し始めて20分経過する位から脂肪の燃焼作用が出てくると言われているので運動を始めてから脂肪が燃焼するまで多少時間が掛かる事になります。

有酸素運動に対して無酸素運動とは、短時間で行う運動の事を指し、具体的には短距離のダッシュや筋トレなどを意味するのですがこちらの運動は脂肪を燃焼するというよりは身体に筋肉をつけるという目的で行われることが多いです。そのため、直接ダイエット効果があると謳われる事はあまりないのですが、若い頃なら有酸素運動だけでもどんどん痩せる事が可能かもしれません。それは、基礎代謝というものが高いからです。

年齢を重ねるごとに基礎代謝は落ちていきます。若い頃はちょっと食事を抜いただけですぐに体重が調整できたのに、段々中年になってからはあまり食べていないのに体重が減るどころか増える時まであると落ち込んでいる人も沢山いると思います。

私も、若いころに比べて本当に基礎代謝が落ちたと感じています、決して沢山食べまくっていないのに身体の至る所にぜい肉がはびこる様になり洋服を選ぶ時にも好みのものというよりは体型隠しを主に選んでしまいおしゃれ心が段々と薄れていくのを感じています。

最近そんな風に感じている人には、特に無酸素運動と有酸素運動を併用する事をおすすめします。基礎代謝を上げるためにまずは無理のない範囲で無酸素運動を行い筋肉をつける事で代謝が上がったところで有酸素運動を併用する事で脂肪燃焼していくと効率の良いダイエットにつながると思います。

具体的に私が無酸素運動と有酸素運動を併用したのは、カーヴィーダンスのダイエットDVDを自宅で行った時です。筋肉を鍛える動きとダンスを踊る事で有酸素運動になっている部分と混ざっているので身体が引き締まり明らかに筋肉は増えました。筋肉は脂肪より重いので体重はそこまで変わらないのですが、人から何だかスッキリしたねと言われることが多くなりました。

無酸素運動の注意点は、突発的な動きや激しく動くこともあるので身体に持病があったりお年寄りの方はやる場合は気を付けて体調を見ながら行う事が重要です。

チェック!「無酸素運動とダイエット」について。管理人豪執筆先輩冴島監修の記事