「私は●●で何日で何キロ痩せました」体験談14学生の頃は毎日歩いて大学に通っていましたが、社会人になってからは車通勤。

毎日、座り仕事がメインの仕事に就いたため日を追うごとに体重が増加してきました。

健康診断では年を追うごとに体重のグラフがじりじりと右肩上がり。健康診断の直前に毎回体重を落としていたので、普段はもっと重かったのでしょう。

写真に写った自分の顔の丸さに嫌気がさし、周りの無神経なおばちゃんにちょっと痩せろと言われるようになりました。

そうはいっても私は大の運動嫌い。運動と名のつくものは歩くことさえ続きませんでした。

人から指摘されるのは大変ストレスを感じましたが、運動を続けるのも同じくらいストレス。

炭水化物抜きダイエットやバナナダイエット、レコーディングダイエットもやってみましたが、効果が実感できるまで続けることはできませんでした。

そうはいってもこのままでいるわけにもいきません。

ダイエットなので即効性はなくてもいいから、無理なく続けられるものはないかと探して、行きついたのはカロリー計算でした。

もちろん、一つ一つのカロリーを計算するという面倒くさいことはできません。

そこで頼りにしたのがダイエットアプリです。

カロリーコントロール系のアプリはさまざまなものがあります。中には料理レシピを検索するものもありましたが、私が選んだのは至ってシンプルなものでした。

自分の運動程度と理想体重を入れると、その日1日の必要なカロリーが出てきます。

その日のカロリーの80%以上100%未満を摂取するのを目的とするアプリでした。

食べた料理名を入力するとそのままカロリーが出てくるので仕事が終わり、夕食前に今日とったカロリーを入力して、夕食の量を調節しました。

間食も市販品のデータもそろっており、メーカー名とお菓子名を入力すればカロリーが自動で出てくる便利さで、大雑把な記憶でもなんとかなりました。

アプリにシンプルな女の子のビジュアルがあり目標を達成すると金メダルをかけてもらうのですが、オーバーすると屈辱的なぐらい太ったビジュアルに変化してしまい、それが嫌でなんとか続けることができました。

長期的にやろうと思ったので、だんだんカロリー量の加減もわかるようになり、苦労なくできるようになりました。

毎日、決められたカロリー内に抑えられると、達成感があり気持ちが良かったです。

カロリーさえオーバーしなければいいのでご飯を一回食べずにケーキを食べたり、好きなものを我慢しなくて良いのも性に合っていました。

1年間で5キロほど痩せ、無事目標体重まで落とせました。