「私は●●で何日で何キロ痩せました」体験談20昨年の12月初めのこと。久しぶりに会った友人に、開口一番「太った?」と指摘され軽いショックを受けました。事実3キロほど太っていたのですが、そんなにすぐにわかるものとは思っていなかったのです。そうでなくても年末年始は太りやすい季節。善は急げで、早速翌日からダイエットを始めました。

一般に、冬になると太りやすいと言いますが、医学的には、寒さに対抗して体温を保たなければいけない寒い季節は体内のカロリー消費が多く、本来痩せやすい季節なのです。それなのに太ってしまうのは、寒くて体を動かさなくなるから。

私のダイエットはまず早起きから始まりました。朝は6時25分に起床します。まずグラスに半分ほどのお水を飲んで、6時30分から始めるのはラジオ体操です。若い子には笑われそうですが、続けられる程度の運動で、地道に体を動かすのが一番です。10分で終わるので、朝の慌ただしい時間にもそれほど影響ありません。お水を飲むのは、ダイエット前からの習慣で、お通じをよくする効果があるのです。

とはいえ、運動がラジオ体操だけでは心もとないので、仕事帰りは2つ手前の駅で降りて、約40分の道のりを歩くことにしました。実は最初の2日間は、1つ手前の駅で降りていたのですが、脂肪消費のための運動は30分以上続けないと効果がないと聞き、決死の覚悟で2駅分にしたのです。体力的というより、時間的に辛いものがあり、雨の日は休むと決めましたが、12月は雨の日が少なく、お休みしたのは1日だけでした。

食事については特別な制限はせず、朝のトーストにバターを塗るのをやめる、夕食は和食にする、パスタを食べない。そして、お風呂に入った後は、水以外は飲食厳禁。この4つを守ることにしました。もともと間食しないたちなので、太った原因も間食以外のところにあるはず。思い返すと、料理が面倒で、パスタを食べる回数がずいぶん増えていたのです。カロリーも高いし、栄養的にも偏りが出るので、ダイエットに成功するまでパスタはお休み。夕食を和食にすることで、カロリーカットだけでなく、野菜中心の食事にできるので、お通じにも効果的です。朝食は、時間のかかる和食に切り替えるのは難しいので、その分バターでカロリーカットをしました。

緩めの食事制限と2駅分のウォーキングで、3週間で3キロ痩せました。その後の年末年始のお休みでウォーキングもお休みとなり、食生活のルールも乱れ、すぐに1キロ増えてしまいましたが、その1キロ分も今はまた減りました。ダイエットはやっぱり健全な生活から始まるんだと思います。