「私は●●で何日で何キロ痩せました」体験談26不摂生生活を続けて体重が増えてしまい、見た目の締まりがない状態になっていたのですが、30代に突入する時に同窓会の誘いがあり、変わり果てた見た目を何とかしないと弄り倒されると危機感を感じてダイエットを決意したものです。

1ケ月後を控えた同窓会でしたから、仕事をしながらジムに通うという方法だけで急激に体重を落とすのは難しいですし、それだけの負荷に耐える事が出来ないと感じ、そこから効率良く痩せれるプチ断食を行います。

断食は3日以上になると専門家の指導のもとで行わないとリスクがありますが、行った方法は半日断食として18時間食べずに過ごすダイエット方法です。

これは単純に体重を減らすだけのものではなく、体に蓄積した余分な毒素も対外に排泄するデトックス効果にも優れていたり、食べない時間を作る事によって、常にフル活動の胃腸に休息を与える効果もあります。

腸を休ませてあげる事で腸内環境改善に繋がったり、溜まっていた便を排泄出来るといったメリットもあり、体がリセットされて軽く感じるものです。

当然ながら食べる量が減る事で、摂取カロリーが減って体重も減りやすくなりますが、体の中に溜まっていたものが体外に出されるというのは快感でもあり、心身共に綺麗になっていきます。

空腹状態の方が集中力が増したり、体が疲れにくい傾向もあり、半日断食の方法としては朝食を抜くパターンと夕食を抜くパターンが多く、夕食を抜いた方が睡眠も挟んで行いやすいと言えます。

健康診断時に前日夜から食事を抜くような感じで出来ますし、どうしても空腹で辛いという場合は胃腸への負担が少ないジュース等を摂取すると良いです。

不摂生状態からの開始だった事もあり、最初の2.3キロは数日で落とす事が出来ましたが、同窓会参加までの1ケ月で6キロ減らす事が出来ましたし、若干スッキリして弄られない程度にダイエットを行う事が出来たと実感しますし、満足感の高いダイエット方法だったと言えます。