「私は●●で何日で何キロ痩せました」体験談28年齢とともに代謝や筋肉も低下してくるので、若いころと同じような生活をしていると体重は増える一方です。

主婦の傍ら、ファーストフートで週に3回アルバイトをしている私もここ数年でベスト体重よりも3キロも増えてしまいました。

お腹回りもポッコリしてきて履いているスキニーパンツもパンパンになり、見た目にもおばさん体型まっしぐらという感じでした。

夫からも「本気で痩せたら?」と怒られダイエットを決意しました。若いころなら食事量を少し減らせば1キロぐらいの体重減少はすぐだったのですが、アラフォー世代には1キロ落とすのにも苦難の技です。

しかも、短期的に体重を落とすとリバウンドを繰り返しやすいので、時間をかけてダイエットを成功に導くことにしました。私が実践した方法は、毎日二回の一時間のウォーキングと夜だけ炭水化物の摂取を控えるという方法です。

運動と食事の両方を取り入れたダイエット方法です。ウォーキングは主に朝食後と夕食後に行いました。

「少し早いかな?」と思うようなスピードで一時間近く自宅周辺を歩くことにしました。「歩く」という行為は一定のリズムを刻むので脳にとってもとても良い刺激を与えます。

それは「ストレスを軽減させる」ということです。ストレスはダイエットにとって大敵そのもので、せっかく体重が減少傾向にあってもストレスにより食欲が爆発してしまうこともあるのです。

また、食事に関しては炭水化物は糖分を多く含み、体への吸収力が高くて「デブ」のもとになります。かといって三食すべての食事の炭水化物を制限してしまうと、日中にボーっとしてしまったり、集中力がなくなってしまうので、カロリーを消費しにくい夜ご飯だけ炭水化物を抜くことにしました。

朝食と昼食は何を食べても良いし、チョコレートなどのスイーツをおやつとして食べてもいいのでストレスはありませんでした。はじめ一か月は、運動に炭水化物抜きを」をしているのに全く体重が減らず不安になりました。

「この方法ではだめなのかもしれない」と思いましたが、信じて続けたところ体脂肪が少しずつ減りだし、3か月後にやっと1キロ体重が減りました。

その後も順調に体重が落ち始め最終的には半年で3キロの体重減少に成功しました。48キロあった体重が45キロになったのです。身長的にも「痩せ気味」に属するようになり身体も軽くなりうれしいことだらけです。