有酸素運動とダイエット。経験談・アドバイス9ダイエットをする時の方法は大きく分けると二つあります。ひとつめが「食事制限」でふたつめが「運動」になります。

運動を大きく分けると「無酸素運動」と「有酸素運動」になります。無酸素運動は筋トレやダッシュなど、呼吸を止めて激しい運動を行う事を指します。一方の有酸素運動は、呼吸を止めないで行う、比較的緩やかな運動のことを指します。

有酸素運動の代表的なものが「ランニング」です。家の近所を走るだけで脂肪を燃焼することができますので、健康な男女なら誰でも挑戦することができます。

脂肪を燃焼し、体が軽くなるとますますランニングをするのが簡単になりますので、ランニングの好循環が始まります。

いつの間にか、連続して15km程度走れるようになり、ダイエットをしている感覚がないまま、理想体重を保つことができるようになるでしょう。

高齢者の方やスポーツ経験が全然ないという方には「ウォーキング」をおすすめします。ランニングに比べスポーツ強度が軽くなりますので、誰にでも始めることができます。ウォーキングの良い所は、体に無理がないため、故障の心配がないことです。

有酸素運動でダイエットをするためには、運動を長い間継続することがとても大切です。ケガをしないで長く続けられる有酸素運動のウォーキングはダイエットにぴったりです。

ウォーキングをする時は、散歩とは区別をすると良いでしょう。ただ漠然と歩くのではなく、歩くことに主体的になりましょう。コツとしては、姿勢を良くして、歩幅を広げ、大股で歩く事です。

できれば腕を振り、速いスピードで歩くようにしましょう。早歩きよりも少し速いペースで歩ければ、スポーツとしてのウォーキングになり、より効率的に脂肪を燃焼することができます。

ウォーキングを続けて、足腰が鍛えられた段階で、ランニングに移行するのもおすすめです。ランニングをしても故障をしない体づくりのためにウォーキングをするという考えもあります。

いずれにせよ有酸素運動は長く継続することがダイエットに大切だと覚えておきましょう。

チェック!「有酸素運動とダイエット」について。管理人豪執筆先輩冴島監修の記事